【英語が話せるようになりたい外資系勤務者必見】ミーティング中に英語で発言できるようになるための方法

スポンサーリンク

いくら TOEIC スコアが高くても、英語ミーティングで話すことができない方は多いです。そんな方々に向けて、まずはミーティングで英語で話せるための最初の一歩の踏み出し方をお伝えします。

日常業務のミーティングで発言できないのは致命的な弱点です。早急に話せるようになる必要があります。例えば、次のような状況にある場合です。

まず、話しているときは相手は聞いてくれているということを覚えておきましょう。日本語の発言時やプレゼンテーションと同様に、相手は待ってくれているということです。ゆっくりでも、臆することなく堂々と話しましょう。

続いて、話せるようになるためのステップですが、以下の通りです。日常業務のミーティングで英語が出てこない場合、最も登場頻度の高い英語表現が使いこなせていないことになります。ミーティングが終わった後に、ご自身が伝えたかった内容を

1.日本語でまとめる

2.1の日本語を英語に置き換える

3.2の英語を、話せるようになるまでひたすら練習する

です。

特効薬ではなく、愚直に積み上げる方法となります。日常業務のミーティングで登場する英語表現は、口頭のみならず、文書でも出てきている可能性が高いです。できるだけ早急に、使いこなせるようになることが望ましいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました