HTTP メソッド一覧

スポンサーリンク

HTTP/1.1 では下記 8 つのメソッドを定義しています。

メソッド 意味
GET ターゲットとなるリソースを取得。
HEAD ターゲットとなるリソースのヘッダを取得。
(GET メソッドで取得されるヘッダ情報と同じ。)
POST POST には下記、複数の機能がある

・入力項目などフォームデータの送信。
・新規にリソースを生成。
・既存リソースへのデータ追加。
・ブログやメーリングリストなどへのメッセージの送信。

PUT リクエスト内で指定されたリソースの生成もしくは更新。
DELETE リクエスト内で指定されたリソースの削除。削除が成功すれば、サーバーからのレスポンスはステータスコード  204(No Content)、もしくは 200(OK)のリターンが推奨。
CONNECT プロキシサーバーを経由したトンネル接続。例えば、SSL による通信を行う際に、プロキシサーバーがクライアントと対象サーバー間のコミュニケーションを中継。
OPTIONS ターゲットとなるリソースが提供しているメソッドの取得。
TRACE リクエストをそのままレスポンスとしてリターン。

参考:
Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

HTTP request methods

コメント

タイトルとURLをコピーしました