ASP.NET Core Razor Pages アプリケーションに Identity フレームワークを追加する

スポンサーリンク

タイトルの通り、Razor Pages アプリケーションに、Identity フレームワークを追加する方法です。

プロジェクト作成時に、「追加情報」画面で、「認証の種類」を「なし」から「個別のアカウント」に変更します。

プロジェクトのソリューションエクスプローラーに、Areas フォルダと、その配下に Identity フォルダが生成されていることが分かります。

アプリケーションを実行すると、認証機能が組み込まれていることが分かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました