ASP.NET Core Web API クロスオリジンを許可する方法

スポンサーリンク

Angular でちょっとしたサーバーとの通信をテストする時に、Cors エラーを回避するために使っています😅設定は簡単で、Startup.cs で UseCors メソッドを下記のように実装します。

public class Startup
{
    ...

    // This method gets called by the runtime. Use this method to configure the HTTP request pipeline.
    public void Configure(IApplicationBuilder app, IHostingEnvironment env)
    {
        // 追加
        app.UseCors(builder =>
         builder
         .WithOrigins("http://localhost:4200")
         .AllowAnyHeader()
         .AllowAnyMethod());

        if (env.IsDevelopment())
        {
            app.UseDeveloperExceptionPage();
        }
        else
        {
            // The default HSTS value is 30 days. You may want to change this for production scenarios, see https://aka.ms/aspnetcore-hsts.
            app.UseHsts();
        }

        app.UseHttpsRedirection();
        app.UseMvc();
    }
}

コメント

  1. […] 参考:ASP.NET Core Web API クロスオリジンを許可する方法 https://watermargin.net/2019/01/27/asp-net-core-web-api-%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%aa%e3%83%a… […]

タイトルとURLをコピーしました