Visual Studio から MySQL に接続してデータを DataGridView に表示する

スポンサーリンク

今回は xampp の MySQL データベースのデータテーブルを取得して Windows Forms の DataGridView に表示する例を紹介します。

NuGet を利用して MySQL のドライバー(MySql.Data)をダウンロード、参照します。
次のスクリーンショットは、MySql.Data をインストールし、プロジェクトでの参照設定がなされた後の状態です。

続いて、フォーム上にボタンを配置してクリックイベントのハンドラーを用意します。イベントハンドラー内に、下記のように実装します。
接続文字列は、MySqlConnectionStringBuilder を利用していますが、代わりに string に直接接続文字列を記述することも可能です。

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
//方法1:MySqlConnectionStringBuilder を利用して接続情報を作成
MySqlConnectionStringBuilder conBuilder = new MySqlConnectionStringBuilder
{
UserID = "root",
Database = "test",
Server = "127.0.0.1"
};

//方法2:もしくはこのように string で接続文字列を作成
//string conString = "host=127.0.0.1; user=root; database=test";

//方法1、方法2で、using を使わずにコネクションオブジェクトを生成する場合、下記2行が利用可能
//try 内で connection.Open() メソッドでデータベースと接続できるかを確認する
//MySqlConnection connection = new MySqlConnection(conBuilder.ConnectionString);
//MySqlConnection connection = new MySqlConnection(conString);

//using 内でコネクションオブジェクトを生成(利用後に確実に破棄されるようにする)
using (var connection = new MySqlConnection(conBuilder.ConnectionString))
//using (var connection = new MySqlConnection(conString))
{
try
{
// データベースとの接続をオープン
connection.Open();
// データを保存するテーブルを作成
DataTable dt = new DataTable();
// SQL 文と接続情報を引数に、データアダプターを作成
MySqlDataAdapter da = new MySqlDataAdapter("select * from books", connection);
// SQL 文で指定したデータを DataTable に格納
da.Fill(dt);
// DataTable を DataGridView に表示
dataGridView1.DataSource = dt;
// データベースとの接続をクローズ
connection.Close();

}
catch (Exception ex)
{
Console.WriteLine(ex.Message);
}
}
}

参考情報:

Connect Visual Studio 2015 (VB.net) with XAMPP Tutorial (EASY WAY)
https://www.youtube.com/watch?v=UQ_C8c6rev8

コメント

タイトルとURLをコピーしました