Angular Firebase による Google アカウント認証(ログイン・ログアウト)の実装方法

スポンサーリンク

Angular アプリケーションで、Firebase にログイン・ログアウトの実装方法を紹介します。予め、Firebase が使えるようになっていることが前提になります。

準備として、Firebase の「Authentication」画面で、Google を有効にしておきます。

 

アプリケーション側では、まずはパッケージとして firebase と angular/fire をインストールします。

npm i firebase @angular/fire

Angular アプリケーションの environment.ts に、Firebase の設定情報を転記します。設定情報は、Firebase の「Project Overview」から取得してきます。

environment.ts

export const environment = {
  production: false,
  firebase: {
    apiKey: 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx',
    authDomain: 'xxxx-xxxx-xxxxx.xxxxxxxxxxx.xxx',
    databaseURL: 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx',
    projectId: 'xxxx-xxxx-xxxxx',
    storageBucket: 'xxxx-xxxx-xxxxx.xxxxxxx.xxx',
    messagingSenderId: 'xxxxxxxxxxxx'
  }
};

AppModule で AngularFireModule と AngularFireAuthModule をインポートします。environment.ts で転記した Firebase の設定情報を、AngularFireModule.initializeApp の引数として渡します。

app.module.ts

import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { NgModule } from '@angular/core';

import { environment } from '../environments/environment';
import { AngularFireModule } from '@angular/fire';
import { AngularFireAuthModule } from '@angular/fire/auth';

import { AppComponent } from './app.component';

@NgModule({
  declarations: [
    AppComponent
  ],
  imports: [
    BrowserModule,
    AngularFireModule.initializeApp(environment.firebase), // 追加
    AngularFireAuthModule, // 追加
  ],
  providers: [],
  bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule { }

ngOnInit で、AngularFireAuth の authState を変数で参照します。ログイン時に呼び出す login メソッドでは、AngularFireAuth の auth.signInWithRedirect メソッドを利用します。ログアウト時に呼び出す logout メソッドでは、auth.signOut メソッドを利用します。

app.component.ts

import { Component, OnInit } from '@angular/core';
import * as firebase from 'firebase';
import { AngularFireAuth } from '@angular/fire/auth';
import { Observable } from 'rxjs';

@Component({
  selector: 'app-root',
  templateUrl: './app.component.html',
  styleUrls: ['./app.component.css']
})
export class AppComponent implements OnInit {
  title = 'auth-test';
  user$: Observable<firebase.User>;

  constructor(private afAuth: AngularFireAuth) { }

  ngOnInit() {
    this.user$ = this.afAuth.authState;
  }

  login() {
    const provider = new firebase.auth.GoogleAuthProvider();
    this.afAuth.auth.signInWithRedirect(provider);
  }

  logout() {
    this.afAuth.auth.signOut();
  }
}

ユーザーがログインしていれば、ユーザー名を表示し、ログインしていなければ、ログイン用のボタンを表示します。ログインボタンを押すと、Google アカウントでのログイン画面が表示されるので、ログインします。すると、ログインしたユーザー名が画面に表示されます。

app.component.html

<ng-template #loginButton>
  <button (click)="login()">Login with Google</button>
</ng-template>
<div *ngIf="user$ | async as user; else loginButton">
  ユーザー : {{user.displayName}}
  <button (click)="logout()">Logout</button>
</div>

以上、Google アカウントによるログイン認証の方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました