JavaScript ネイティブの Promise を利用する方法

スポンサーリンク

JavaScript ネイティブの Promise を利用する方法を調べてみました。備忘録のためメモしておきます。

処理が成功したら resolve メソッドを呼びます。処理が失敗したら、reject メソッドを呼びます。reject メソッドを呼ぶと、catch 句に入ります。

function myTest() {
  const promise = new Promise((resolve, reject) => {
      setTimeout(() => {
          console.log('スタート');
          //処理が成功したら、resolve を呼ぶ。
          resolve('1つ目の処理');
      }, 1000);

  });
  promise.then((message) => {
      return new Promise((resolve, reject) => {
          setTimeout(() => {
              console.log(message);
              resolve('2つ目の処理');
              //エラーの場合、resolve ではなく reject を呼ぶ。
              // reject('xxx');

          }, 300);

      })
  }).then((message) => {
      return new Promise((resolve, reject) => {
          console.log(message);
          console.log('3つ目の処理');
      })
  }).catch((error) => { // エラーの場合
      console.error('エラー', error);
  });
}

コメント

タイトルとURLをコピーしました