スペルに自信がない時は Word や Outlook で文章を作成しよう

スポンサーリンク

マイクロソフトの Word や Outlook では、スペルミスを検知して自動的に修正をしてくれます。

例えば、”guarantee” という単語を入力したつもりが、誤って “garantee” と入力してしまったとします。

入力後、スペースを入力すると、自動的にスペルを修正してくれます!ここの例では Word を使っていますが、Outlook でも同様の修正機能があります。

テキストエディタを使う代わりに、マイクロソフトの Word や Outlook を利用することで、スペルミスの削減に繋がります。また、入力後におかしなスペリングがあると、下線で強調表示してくれるので、スペルに関しておおよそ正しく書けているかを測ることができます。英文入力のストレス低減になると思いますので、ぜひ活用してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました