Android SDK Command-line Tools のインストール方法

スポンサーリンク

Flutter を利用すべく、flutter doctor を実行した際に、次の様なエラーが発生しました。

C:\Users\mee\Documents\flutter\bin>flutter doctor
Doctor summary (to see all details, run flutter doctor -v):
[√] Flutter (Channel stable, 2.5.3, on Microsoft Windows [Version 10.0.19042.1288], locale ja-JP)
[!] Android toolchain – develop for Android devices (Android SDK version 31.0.0)
X cmdline-tools component is missing
Run path/to/sdkmanager --install "cmdline-tools;latest"
See https://developer.android.com/studio/command-line for more details.
X Android license status unknown.
Run flutter doctor --android-licenses to accept the SDK licenses.
See https://flutter.dev/docs/get-started/install/windows#android-setup for more details.
[√] Chrome – develop for the web
[√] Android Studio (version 2020.3)
[√] VS Code (version 1.61.2)
[√] Connected device (2 available)

! Doctor found issues in 1 category.

cmdline-tools component is missing とのことで、引き続きコマンドプロンプト上で、コマンドラインツールをインストールしようとしたのですが、適切なコマンドが分からなかったので、Android Studio からインストールすることにしました。

Android Studio を起動し、画面右上の SDK Manager をクリックし、Android SDK メニューから、Android SDK Command-line Tools を選択します。インストール後に Apply をクリックしてダイアログを閉じれば OK です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました